後遺障害慰謝料

後遺障害と認定されると、そうでないときと比較して、支払われる慰謝料や保険金が、大きくなるときがあります。ここで後遺障害について、しっかりとした知識を、身につけておきましょう。

後遺症後遺障害と後遺症は、違います。後遺症の1部が、後遺障害です。交通事故でけがをしてしまい、治療しても完全に元には戻らず、残った症状のすべてが後遺症です。後遺症の中でも、自賠責基準の等級に当てはまるものが、簡単に言えば後遺障害として扱われ、損害賠償で請求できます。請求できるのは、後遺障害慰謝料・逸失利益・その他です。後遺障害慰謝料では、後遺障害等級が認定された後、その等級に応じた慰謝料を請求可能です。後遺障害等級は症状が軽い方から、第14級~第1級まであります。これにも自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準とあり、弁護士基準が最も高額です。ちなみに第14級の自賠責基準は32万円で、弁護士基準は110万円。第1級ならそれぞれ、1100万円と2800万円です。

等級認定に提出される書類の数は、非常に多いです。スピーディーに、それもすべてに対して同等にこれを扱うため、採用されているのが“書面主義”です。“書面でのみ審査を行う”方法ですから、書かれていないことについては、審査対象にはなり得ません。