交通事故慰謝料概略

交通事故の被害者は、加害者にできるだけ多くの慰謝料を、支払ってもらいたいというのが本音でしょう。そのために被害者はまず、慰謝料がどういったものかを、知っておく必要があります。

慰謝料交通事故慰謝料には、3種類あります。死亡慰謝料は、交通事故により亡くなった本人への慰謝料と、その遺族へ支払われる慰謝料から成ります。被害者が死亡までには至らず、けがだけで済んだ場合、被害者が負った肉体的、かつ、精神的苦痛を、入通院慰謝料で賠償します。最後が、後遺障害慰謝料です。交通事故によるけがが完治することなく、神経症状や機能的障害が後遺症として、残ってしまったときに被害者に支払われます。後遺症には第14級から第1級まで、重度により等級が定められており、重いほど請求できる慰謝料は大きくなります。