死亡慰謝料

トップページで書きましたが、死亡慰謝料は亡くなった本人に対する慰謝料と、亡くなった本人の近親者・遺族に対する慰謝料があります。また慰謝料は、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準(裁判所基準)の3基準により算出でき、弁護士基準による算出が、通常最も高額となります。

金額一家の大黒柱が、交通事故被害者となり死亡してしまったとき、冒頭の2つの慰謝料を合わせた金額は、3つの基準ではそれぞれ、自賠責保険基準なら350万円、任意保険基準なら1500万~2000万円、弁護士基準なら2800万~3600万円くらいが相場です。以下その配偶者・お年寄り・子どもの場合を書いておきますと、自賠責保険基準はいずれも350万円、任意保険基準は1300万~1600万円・1100万~1400万円・1200万~1500万円、弁護士基準は2000万~3200万円・1800万~2400万円・1800万~2600万円が、相場となります。

交通事故では必ずしも加害者が、100パーセント悪いとはならず、その責任の度合いを比率にして考えます。この過失割合は、被害者が亡くなってしまった場合は、本人にそのときの状況を、確認のしようがありません。加害者が自分を有利に導くため、自分にプラスとなる証言をする可能性も考えられますので、事故直後から弁護士に依頼した方がいいでしょう。

推奨リンク・・・交通事故慰謝料について弁護士へ相談する。